Kenichi's Time Out !

最近なにかいいことないかしら?
素敵なクラシックCDや本などの紹介とちょっとおもしろい話をUPしております。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今、注目はこれだっ!!
RECOMMEND
Three Primary Sounds
Three Primary Sounds (JUGEMレビュー »)
Three Primary Colors
若手3人組みユニットのデビュー。きらめくギターサウンドにはまること間違いなし。
RECOMMEND
吉松隆:プレイアデス舞曲
吉松隆:プレイアデス舞曲 (JUGEMレビュー »)
田部京子,吉松隆
遠くの星の光を見つめるような気持ちになります。美しく輝く星ぼしに思いをはせましょう。
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」 (JUGEMレビュー »)
ムター(アンネ=ゾフィー),ヴィヴァルディ,タルティーニ,トロンヘイム・ソロイスツ
表現することに集中したムターの意欲作衝撃ライブ
RECOMMEND
Satisfaction
Satisfaction (JUGEMレビュー »)
INO hidefumi
猪野秀史のデビューアルバム。フェンダーローズ・エレクトリックピアノといえば一昔前のなく子も黙る名機。このビンテージものの電気ピアノのダークでメロウなサウンドが堪能出来る一枚。彼のアルバムはこれが最高!
Kenいち押しのサイトはこちら
PHSはここまで進化した!! ウィルコムネットショップ

素敵な暮らしを演出する住商オットー Otto オットー・オンラインショップ

意外に便利な通販食材はこれ Oisix(おいしっくす)

肌の手入れはやっぱりDHC! DHCオンラインショップ
ちょっと素敵なお勧めリンク集
私のお勧めサイト
ホテルの手配は断然ココ! 宿・ホテル予約ならじゃらんnet
安くて便利なソフトはソースネクスト
ソースネクスト
私も愛用しています

英会話なら定評のあるアルク!
アルク・オンラインショップ
映画やドラマを見ながらピザ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
スキナーのセミナー案内
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 空飛ぶスニーカー | main | 世界最強!最悪にまずいアメ!サルミアッキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
涙そうそう
評価:
妻夫木聡,長澤まさみ,麻生久美子,塚本高史,中村達也,平良とみ,橋爪功,小泉今日子,土井裕泰,吉田紀子
¥ 3,122
(2007-03-23)
「涙そうそう」をDVDで見た。
なにせ涙もろいので映画館で見るわけには行かなかった。

悲しい兄妹の物語
性格のよい兄と血の繋がらない妹が出会い、引き離され、再びめぐり合い、そして、それぞれの想いの中で生きる道を探していく・・・。
だが、運命は時に冷淡に人を突き放してしまう。
「涙そうそう」という歌は森山良子さんの亡くなった兄への思いを歌った作品だそうだが、この物語はその話をベースにしたオリジナル作品なのである。
お話は生い立ちなどがなにかと複雑な二人の主人公の切ない話で、兄妹愛がテーマと言えばよいだろうか。むしろ兄妹を超えた愛なのかもしれない・・・。
もちろん、題名からお察しのとおり、ハッピーエンドではない。

吉田紀子さんの脚本
脚本は「Dr.コトー診療所」でおなじみの吉田紀子さんだから、じっくりと見せる吉田ワールドがここでも展開されている。
なんと言えばよいだろうか、つまり、登場人物に悪い人はいなくて、みんな心優しいわけなのだが、それが災いしてというか、相手を思いやる気持ちが裏目に出て、行き違いになったり、傷ついたりという、そんな心の微妙なずれを描いたらこの人の右に出る人はいないという吉田紀子さんの作品である。
安っぽいテレビドラマなどによく見られるような説明のための台詞はなく、登場人物たちの語る言葉と表情、しぐさ、そして、その映像ですべてを語るのである。

観て損のない落ち着いた映画
めちゃくちゃに悲しい映画ではなかった。
妻夫木さんの兄が異様に明るくがんばりすぎているし、妹もとにかく元気で、それが悲しい。なんでこんないい人たちなのに、天は味方をしてくれないのかと、運命をのろわざるを得ないのだが、映画は入り込みすぎず、離れすぎず、ほどほどの距離をもって描いている。なにか上質な音楽のようでもあり、諸行無常の響きあり、じゃないけれど、人生の悲哀をそこはかとなく切り取ったような仕上がりであった。後世に残るような作品ではないけれど、観て損はない落ち着いた作品です。

| Kenichi.Asano | CINEMA | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://ken-asano.jugem.jp/trackback/124
脚本家 吉田紀子
吉田紀子に関する記事を更新しました。ご興味がありましたらご覧下さい。尚、トラックバックは大歓迎です。
| 脚本家 吉田紀子 | 2007/10/17 12:42 AM |