Kenichi's Time Out !

最近なにかいいことないかしら?
素敵なクラシックCDや本などの紹介とちょっとおもしろい話をUPしております。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今、注目はこれだっ!!
RECOMMEND
Three Primary Sounds
Three Primary Sounds (JUGEMレビュー »)
Three Primary Colors
若手3人組みユニットのデビュー。きらめくギターサウンドにはまること間違いなし。
RECOMMEND
吉松隆:プレイアデス舞曲
吉松隆:プレイアデス舞曲 (JUGEMレビュー »)
田部京子,吉松隆
遠くの星の光を見つめるような気持ちになります。美しく輝く星ぼしに思いをはせましょう。
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」 (JUGEMレビュー »)
ムター(アンネ=ゾフィー),ヴィヴァルディ,タルティーニ,トロンヘイム・ソロイスツ
表現することに集中したムターの意欲作衝撃ライブ
RECOMMEND
Satisfaction
Satisfaction (JUGEMレビュー »)
INO hidefumi
猪野秀史のデビューアルバム。フェンダーローズ・エレクトリックピアノといえば一昔前のなく子も黙る名機。このビンテージものの電気ピアノのダークでメロウなサウンドが堪能出来る一枚。彼のアルバムはこれが最高!
Kenいち押しのサイトはこちら
PHSはここまで進化した!! ウィルコムネットショップ

素敵な暮らしを演出する住商オットー Otto オットー・オンラインショップ

意外に便利な通販食材はこれ Oisix(おいしっくす)

肌の手入れはやっぱりDHC! DHCオンラインショップ
ちょっと素敵なお勧めリンク集
私のお勧めサイト
ホテルの手配は断然ココ! 宿・ホテル予約ならじゃらんnet
安くて便利なソフトはソースネクスト
ソースネクスト
私も愛用しています

英会話なら定評のあるアルク!
アルク・オンラインショップ
映画やドラマを見ながらピザ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
スキナーのセミナー案内
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ファジル・サイ、ハイドンを弾く! | main | 時効警察 (角川文庫 ん 25-1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
宮本笑里 「smile」発売(初回生産限定盤 DVD付)
評価:
宮本笑里
ソニーミュージックエンタテインメント
¥ 3,360
(2007-07-18)
あの世界的オーボエ奏者の宮本文昭さんが引退したとほぼ同時に、今度はお嬢さんがバイオリンでデビューです。

美しい音色と静かな響きに・・・
年齢が何歳かはわかりません。ジャケットの写真ではいい女に見えますが、しかし、まだまだあどけない少女ではないかと思います。
その彼女が演奏するバイオリンは実にやさしい音色がします。
おそらく小さなころから特別な音楽教育を受けたか、家庭の生活そのものが音楽教育だったのかもしれませんね。
たとえば川井郁子さんの激しく強いバイオリンも私は好きですが、この少女のバイオリンはちょうど川井郁子さんのとは正反対。
音そのものがやさしさに包まれているのです。
バイオリンの音楽をよく聴く人にはこう書いただけでもなんとなくわかるかもしれないですが、鋭さや激しさを求める人にはお勧めできません。
まぁ、成長していく過程ではこのあたりが課題になるのかもしれませんが。

これはいいですよ
特に私が気に入ったのは3曲目に収録されているカッチーニのアベマリア。
お父さんの宮本文昭さんのオーボエがフィーチャーされていて、親子競演が聞けるのです。
やはり、お父さんのオーボエにはかないませんね。
娘さんはまだまだ追いつかない感じですが、なんだか親子のほほえましい競演に拍手を送りたくなりました。
そして、このアルバム最大の聴き所が7曲目から10曲目までの一連の作品。
これは「無言歌集(ソロ・バイオリンと弦楽オーケストラのために)」と題された岩代太郎の作曲になるオリジナル作品です。
この4つの部分からなる無言歌集はとにかく泣かせます。
私はちょっと感受性が高すぎるのかも知れないのですが、とにかく涙がこぼれて仕方がありませんでした。
曲の冒頭の静かな弦の流れを聴いた瞬間、からだがぞくぞくっとして、急に目頭のあたりがつーんとなってしまうのです。演奏がすばらしいのか曲がすばらしいのか、おそらく両方だと思いますが、これは聴くに値します。
それ以外の演奏はそこそこでハズレはありません。
ただ、私の個人的な好みからすると、5曲目のヴォカリーズや11曲目のだったん人の踊りはもうちょっと線が太くて底力を感じるような演奏がいいかなと思います。

ジャケットがお気に入りの方は・・・
Yahoo動画では8月26日まで本人のコメントを見ることができます。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00100/v02266/
また、本人のBlogでは週刊ヤングジャンプへの掲載された場面の撮影場面が収録されていますので、ご覧ください。
http://playlog.jp/emirimiyamoto/blog/2007-07-26
確かにかわいらしいですし、実にあどけないです。
こんな少女がこんな音を出すのかと・・・しばし、呆然としてしまいますね。
| Kenichi.Asano | CLASSICS | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://ken-asano.jugem.jp/trackback/116
弦のレビュー
・宮本笑里 「smile」発売(初回生産限定盤 DVD付)・ヴァイオリン弦の張り方・しかし休みなのに眠れない・あーっと言う間に。・名曲の薦め/モーツアルト:クラリネット5重奏曲k581・ バイオリン悪戦苦闘記1・バイオリンであそぼう・バイオリン☆・お題を頂いて・Dr
| バイオリンがたくさん | 2007/08/04 3:40 PM |