Kenichi's Time Out !

最近なにかいいことないかしら?
素敵なクラシックCDや本などの紹介とちょっとおもしろい話をUPしております。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今、注目はこれだっ!!
RECOMMEND
Three Primary Sounds
Three Primary Sounds (JUGEMレビュー »)
Three Primary Colors
若手3人組みユニットのデビュー。きらめくギターサウンドにはまること間違いなし。
RECOMMEND
吉松隆:プレイアデス舞曲
吉松隆:プレイアデス舞曲 (JUGEMレビュー »)
田部京子,吉松隆
遠くの星の光を見つめるような気持ちになります。美しく輝く星ぼしに思いをはせましょう。
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」 (JUGEMレビュー »)
ムター(アンネ=ゾフィー),ヴィヴァルディ,タルティーニ,トロンヘイム・ソロイスツ
表現することに集中したムターの意欲作衝撃ライブ
RECOMMEND
Satisfaction
Satisfaction (JUGEMレビュー »)
INO hidefumi
猪野秀史のデビューアルバム。フェンダーローズ・エレクトリックピアノといえば一昔前のなく子も黙る名機。このビンテージものの電気ピアノのダークでメロウなサウンドが堪能出来る一枚。彼のアルバムはこれが最高!
Kenいち押しのサイトはこちら
PHSはここまで進化した!! ウィルコムネットショップ

素敵な暮らしを演出する住商オットー Otto オットー・オンラインショップ

意外に便利な通販食材はこれ Oisix(おいしっくす)

肌の手入れはやっぱりDHC! DHCオンラインショップ
ちょっと素敵なお勧めリンク集
私のお勧めサイト
ホテルの手配は断然ココ! 宿・ホテル予約ならじゃらんnet
安くて便利なソフトはソースネクスト
ソースネクスト
私も愛用しています

英会話なら定評のあるアルク!
アルク・オンラインショップ
映画やドラマを見ながらピザ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
スキナーのセミナー案内
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
南フランスのおいしい水「ペリエ」
この前はコントレックスについて書いたので、それと同じくらいポピュラーな水を今日は紹介したいと思います。
実は風邪を引いて寝ている時に、口の中が気持ち悪かったのですが、これですっとしました。
そう!これから紹介するのは、天然の炭酸水「ペリエ」です。
世界の名水「ペリエ」
スーパーなどの水のコーナーに行くと緑色の瓶に入ったかわいいデザインの水がありますが、それがペリエです。

ペリエの歴史
第2ポエニ戦争というのはご存知でしょうか?そうですね、高校の世界史で習ったような記憶があるのではないでしょうか。紀元前3世紀の英雄のハンニバルが、ローマへの行軍の途中でヴェルジェーズで休息し泉の水を飲んだという伝承が残っているですが、そのヴェルジェーズの泉とは他でもないペリエの産出地なのです。この水は天然の炭酸水で大変に重宝されローマ人の手によって整備されたのです。後にナポレオン3世がこの泉をフランスの誇りとして絶賛し、スパとしての開発を進めたのですが、この泉の水に惚れ込んだ医師ルイ・ペリエ博士は、広く世界の人々にこの水を届けようと思い立ち、1898年にその所有権を買い取ったのです。やがて『ロンドン・デイリー・メール』の創始者で新聞王と呼ばれたノースクリフ卿の弟、事業家セント・ジョン・ハームズワースがこのペリエ博士の考えに同調し、ボトリング事業を始めることになったのです。それがペリエの誕生でした。今もその泉からは水が沸き続けており、現在では世界140ヶ国で愛飲されているのです。

ペリエの成分
ペリエの成分で特筆すべき点は、なんと言っても天然の炭酸水であるということでしょう。ヨーロッパの天然水には時々見受けられるものです。特にその中でもペリエは味に癖がなくカルシウムを多く含んださわやかな飲みごごちの天然水です。
ミネラル分が400という硬水ですが、大変に飲みやすく、さっぱりとした感触はそのまま飲むことをお勧めしたくなるほどです。
もっとも私の場合はたいていそのまま飲んでいるのですが、果物の汁をたらしたり、サワーにしたりして飲んでも引き立ちます。
主な成分は・・・
カルシウム・・・140.2mg
ナトリウム・・・14.0mg
マグネシウム・・・3.5mg
カリウム・・・0.6mg
南フランスはヴェルジェーズの産で、硬度400.5の硬水です。

一度はペリエをお試しください
油ものを食べるときなど、ウーロン茶もいいですが、このペリエを1本用意しておくのもなかなかおしゃれじゃないでしょうか。

ペリエのお求めは、お近くのスーパーもいいですが、自宅まで運ぶのが大変!
そんなときはご自宅までのお届けが基本のネットショップが便利です。
小林製薬グループの爽快ドラッグでどうぞ!
| Kenichi.Asano | | comments(0) | trackbacks(2) |
超硬水「コントレックス」
時々水について書いていますが、水は本当にいろいろあって面白いです。
今日は「コントレックス」について書こうかと思います。
いつかは書かねばならない定番ですからね。

私の個人的な好みを書けば、そうですね、軟水、それも超軟水が一番好きです。
なぜって、それはきわめて飲みやすく、しかも、飲んだときにすーっと沁みこんでいくのがわかるからです。
もっとも凄いのがアイスエイジでしょうね。
これは私の大好きな水です。練習のときなどは愛飲してます。
それはさておき・・・今日はコントレックス

豊富なミネラル成分・・・コントレックス
さて、それとまったくの対照的なのがコントレックスです。
これはフランスの水なんですが、日本でも古くから美容と健康のためにいいというので飲まれています。
アイスエイジと何が対照的かというと、こちらは超硬水なんです。
硬水というのはミネラル分の含有が300ぐらいから言われているようですが、このコントレックスは1551ありますから、それは硬水を越えた硬水ということで超硬水と呼ばれています。
主なミネラル成分としては
(1リットルあたり)
カルシウム 486mg
マグネシウム 84mg
カリウム 3.2mg
ナトリウム 9.1mg
サルフェート 1187mg
という状態です。
普通これだけのカルシウムになるとなにかの食物を通して摂取したりすることになるのですが、そうしますとイヤでもカロリーがついてきます。
しかし、このコントレックスではそれがノンカロリーで摂取できてしまうわけです。
そこがこの水の凄いところです。

しかし、・・・
よいことばかりではありません!
この水、実は飲みにくい。
私だけかも知れないですが、なにかずしりと重たいのです。
これと似た感じはレントゲンのときのバリウムでしょうか・・・。
この鉄っぽい味が私にはなんとも言いがたいものがあるのですが、
好きな人はこのコントレックスをぐびぐびと飲むわけです。
私は超軟水派なので、ちょっと苦手ですが、時々ミネラル補給のために飲んでいます。
もちろん、黒酢を入れてみたりと何らかの工夫をして飲んでいます。
そうすることで多少なりとも飲みやすくなります。

飲みやすい炭酸入りもある
そんなコントレックスに炭酸が入ると断然飲みやすくなるのです。
いろいろなものを入れて飲むのもいいのですが、せっかくのカロリーゼロを生かしたいということであれば、やはり、何も入れないのが基本!
そんなときはコントレックスのファインブルズがお勧めです。
微炭酸なので、ある程度量を飲んでもおなかは膨らみませんから、大丈夫。
しかも、さわやかな飲みごごちですから、超硬水を意識しません。

バランスよくミネラルを吸収する、おなかの調子を整える。
そんなことがこのコントレックスを飲むことで比較的簡単に出来て嬉しいです。
他の超硬水よりもコントレックスはカルシウムがイオン化されていて、吸収しやすいという特徴がありますが、ある程度、継続して飲むことが大事なんです。

購入するならネットでまとめ買い
最近は薬局などに行けばありますが、水は買って持ち歩くのが大変。
そんなときはインターネットの通販で入手するのが一番ですよ。
お勧めは「爽快ドラッグ」
品揃えも豊富なので、なかなかに使い勝手がいいです。
爽快ドラッグの「コントレックス」
| Kenichi.Asano | | comments(2) | trackbacks(7) |
アイスエイジはうまかったぞ

[硬度1.2]アイスエイジ 593ml×24本

天然氷河水だ!
アイスエイジ(ICEAGE)ってなんか格好いいでしょ、しかも安い!
私は山口の出張のときに試してみました。
ボトルの色が濃いブルーというか紫に近いもので、精悍なイメージなんですな。
思わず手にとって見ましたが、これはなんとその名のとおり氷河水なのです!
これはカナダの天然氷河水・グレイシャルウォーター(氷河水のこと)をボトルにつめたものなのです。
よく南極の氷で水割りを・・・なんて、洒落ている人がいますけど、こちらはカナダの氷河だぜ!
続きを読む >>
| Kenichi.Asano | | comments(0) | trackbacks(2) |
イタリアのおいしい水 ゴッチアブルーを飲む

ゴッチアブルー【GOCCIA BLU】 スパークリング 500ml×24本

最近は水がヒット
世の中ではメタボリックシンドロームだとかデトックスだとか言って、2リットルぐらいの水を飲むのがちょっとした流行になっている。
私の中ではそれが言われだす数年前からおいしい水がちょっとしたブーム。
そこに持ってきて、それが健康にいいとあっては、ますます調子に乗っているようなわけで、出張の都度、おいしい水を試しているような次第だ。

イタリアのおいしい水 ゴッチアブルー スパークリング
この水はちょうど先日の出張の際に、なにかいいのはないかと探していて見つけたものである。
容器が美しいブルーでデザインがスマート!
持って歩くとちょっとおしゃれである。
新幹線の中でも目立つし、ホテルの部屋でもテーブルの目立つところにおいておくだけで、心がうきうきするようなおしゃれなボトルなのだ。
まずはそこに惹かれて買ってしまったというのが正直なところ。
続きを読む >>
| Kenichi.Asano | | comments(0) | trackbacks(1) |