Kenichi's Time Out !

最近なにかいいことないかしら?
素敵なクラシックCDや本などの紹介とちょっとおもしろい話をUPしております。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今、注目はこれだっ!!
RECOMMEND
Three Primary Sounds
Three Primary Sounds (JUGEMレビュー »)
Three Primary Colors
若手3人組みユニットのデビュー。きらめくギターサウンドにはまること間違いなし。
RECOMMEND
吉松隆:プレイアデス舞曲
吉松隆:プレイアデス舞曲 (JUGEMレビュー »)
田部京子,吉松隆
遠くの星の光を見つめるような気持ちになります。美しく輝く星ぼしに思いをはせましょう。
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」
ヴィヴァルディ:協奏曲「四季」 (JUGEMレビュー »)
ムター(アンネ=ゾフィー),ヴィヴァルディ,タルティーニ,トロンヘイム・ソロイスツ
表現することに集中したムターの意欲作衝撃ライブ
RECOMMEND
Satisfaction
Satisfaction (JUGEMレビュー »)
INO hidefumi
猪野秀史のデビューアルバム。フェンダーローズ・エレクトリックピアノといえば一昔前のなく子も黙る名機。このビンテージものの電気ピアノのダークでメロウなサウンドが堪能出来る一枚。彼のアルバムはこれが最高!
Kenいち押しのサイトはこちら
PHSはここまで進化した!! ウィルコムネットショップ

素敵な暮らしを演出する住商オットー Otto オットー・オンラインショップ

意外に便利な通販食材はこれ Oisix(おいしっくす)

肌の手入れはやっぱりDHC! DHCオンラインショップ
ちょっと素敵なお勧めリンク集
私のお勧めサイト
ホテルの手配は断然ココ! 宿・ホテル予約ならじゃらんnet
安くて便利なソフトはソースネクスト
ソースネクスト
私も愛用しています

英会話なら定評のあるアルク!
アルク・オンラインショップ
映画やドラマを見ながらピザ
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
スキナーのセミナー案内
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
「Living Message」 猪野秀史 待望の2ndアルバム!
評価:
INO hidefumi
Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
¥ 2,625
(2008-06-27)
JUGEMテーマ:音楽


お待ちかね!猪野秀史の2ndアルバムが6月27日、発売になった。
題して「Living Message」という。
買ってすぐに書きたかったのだが、やはり、その前に中身をよく聞いておく必要があるので、今日まで書かずにいた。

結論から言うと、これは「買い」!
前回の「Satisfaction」もかなりよかったが、これはさらに進化していると言って間違いない。
メロウサウンドはさらに磨きがかかっており、聞く者の期待を裏切らない。
リズムの扱いもよくなったし、あまり上手とはいえないアドリブがぐっと減少した。
それになにより音の分離がよくなったし、ベースラインも綺麗になった。
そして、何と言っても、先の「The FORCE OF eXOTiC」で、私が面白くないと書いた、猪野さん特有のお遊びが徐々に音楽に近づいてきていることがあげられる。
今回、それは大きな曲と曲の間に挿入されたインテルメッオとでも言えばよいだろうか、間奏曲のような形で、小品が配置されているのだが、遊びがちょっと進化して、スケッチぐらいまで成長しているのだ、やがて、これが大きな作品になりうる可能性を秘めていて、まだ、まだ、面白くはないのだが、とても楽しみな素材として受け入れることが出来る。

今回のお勧め
1曲目の「Suicide is Painless」はとてもいい。
この曲は調律の狂ったピアノによる多重録音なのだが、左手のオスティナートが印象的。
テンポ、フレージングともすばらしく、申し分ない。
しかし、唯一、調律の乱れているところが、どうにも気に入らない。
猪野さんは故意にやっていると思うが、ホンキートンクで得られる効果とこの楽曲との間には、ズレがあるように思えてならない。再考を促したい。
2曲目の「The Way is The Way is The Way」はごく当たり前によい。
スローでわかりやすいメロディのリフレイン。
全体にエコーが効いて、音がゆれるとこなろどいかにも猪野サウンドである。
4曲目、「Living Message」はタイトルにもなっている演奏で、悪いはずがない。
ドラムスはハイハットの扱いがいいし、生ピアノが奏でるメロディはまるで映画音楽である。
今回のピアノは調律も正しく快く溶け込めるサウンドで、聴く者を癒してくれる。
5曲目、「Blood is thicker than Water」も申し分ない演奏だ。
アップテンポな切れのよいリズムとベースにロングトーンを生かしたフェンダーローズが絡む。そのサウンドの対比が実に心地よい。
6曲目の「Manai」は、テンポを落とした、ジャジーな一曲。
フェンダーの音が実に効果的に使われている。
ライブではおなじみの親指ピアノも使われている。
アドリブがいい感じであるが、左手が完全に遊んでいるのは、どうかと思う。
8曲目、「Sentimenal Walk」は、古い猪野サウンド。
手垢が付いている分、こなれている。
ドラムの扱いはお手のもので、ここではベースラインがちょっと新しいかと思う。
10曲目「Serendipity」もおなじみの猪野サウンドである。
猪野さんにとっては、あまりにおなじみ過ぎて、これは力が抜けすぎているかもしれない。
一応、おなじみのサウンドではあっても、もうちょっと気を入れて欲しいと思うのは私だけだろうか?
しかし、決して悪いわけではなく、むしろ、安心して聞けるし、リラックスできるナンバーである。
12曲目にボーナストラックとして、ライブでおなじみのピアニカによる「愛の賛歌」が収められている。
リズムもよくかなりこなれたアレンジで聞かせてくれる。効果的なトラックである。
以上は私のお勧めトラックということになろうか。

苦言を呈するなら
3曲目、7曲目、11曲目は思いつきとしては面白いが、まだまだ「聴かせる」という次元に到達していないと思う。練れていない。
もっとスティーブ・ライヒのミニマルやテクノの人たちがやっているようなサンプリングとその効果的な活用方法について学ぶ必要があると感じた。
猪野さんの気持ちはわかるのだが、工夫のない音が多すぎるし、トラックとしては30秒から1分以内でよいと思う。
それ以上に続けると、もはや新しいものを感じることもなく、ただ、冗長な感じがしてしまうのである。
もっと使う音やフレーズを吟味すべきである。
9曲目の変拍子はその中にあって唯一面白い。
もう、相当な回数聴いているが、いまだによくわからない。
11曲目はこういうやつこそ、ホンキートンクを用いてエコーを効かすとか、してはどうか?

結論「やっぱり、これは買うしかないでしょう!」
いろいろと辛口のことを書いてきたが、これは日本を代表するキーボード奏者になってほしいという願望の現われであり、期待の大きさをあらわしているのである。
で、このアルバム、私は絶対に「買い」であるとお勧めする。
前回、前々回の作品に比較して、格段と大きくなった、そして、自分の音楽をやり始めた猪野さんの姿がここにはしっかりと捉えられている。
人によっては気に入らないトラックもあるかもしれない。
が、そこはそれで、これからに備える彼の勉強のトラックなのである。
猪野さんが向かっている方向性が、これらのお遊びのトラックから、その断片が伺えて私は面白い。
生な猪野さんがそこにはあるのだ。
| Kenichi.Asano | 猪野秀史 | comments(0) | - |
The FORCE OF eXOTiC 猪野秀史
評価:
INO hidefumi,猪野秀史
タワーレコード卸部
¥ 1,496
(2007-06-04)

The FORCE OF eXOTiC/INO hidefumi(猪野秀史)
猪野さんのセカンドアルバムが出てしばらくになる。
私はもちろん発売になってすぐに入手していたのだが、なかなかここに書けなくて、いままで放置してしまった。
というのは、どう評価してよいものか、少々迷ってしまったからなのである。

前回作を越えていない・・・
というのが正直な私の見解。
前回のSatisfacitonは、フェンダーの特徴を生かした演奏であったし、それほど暴れるでもなく、ほどほどのところに落ち着けた、なかなかに聴き所のあるアルバムであったのだ。
ところが、この作品は全曲がオリジナルという力作であるにもかかわらず、どうもパッとしない。
私が好きに言わせてもらえるなら、猪野さんはまだまだアドリブを聞かせるところまではテクニックというかハートというか、音楽的な技量が少々乏しい。
だから、本来は前作のように短い控えめなアドリブでよかったのだが、今回の作品では鉄琴のようなものをかぶせてアドリブをかましていたりして、これが実にうるさい。
私流に言わせてもらえるなら、音楽のテーマとアドリブがマッチしていない。
よってこれは致命的だなと思うのである。
新しい猪野さんである、と、言えば言えないでもない。
しかし、前作の延長上で聴くとどうしても技量不足のように思えてしまう。

8cmCDのようだが・・・
このアルバムのデザインはよく出来ていて、まるで8cmのCDのように見えるのだが、これが実はしっかり12cmものなのである。
ちょっとおしゃれなわけで、こういうところは前作を凌いでいるのだはないかと思う。
やってくれるね〜と思う。
でも、当然、収録曲数は少ないわけで、そしてこれも当然だが、値段も安い。
何度も繰り返して聴く私のようなリスナーには便利である。
少しの時間で何度も繰り返して聴けるから、曲を覚えるのも早い。
全部で4曲だが、ライブを聴きに行かれた方はお分かりと思うが、曲の冒頭に猪野さん特有のいたずらがあるわけで、それがこのCDでも踏襲されている。演奏内容と何かしらのつながりがあるとうれしいのだが、どういうわけかあまり感じられないものだったりするので、私はちょっとだけ悲しい。

次回作に期待!
お値段が手ごろなので、期待しないで買って聴いてみては、いかがか?
そうすれば進行中の猪野さんが聴けるだろう。
私は次回への期待をこめて、あと少しこのアルバムを聴いてみたいと思う。
| Kenichi.Asano | 猪野秀史 | comments(1) | trackbacks(0) |
猪野秀史東京ライブ決定!
Satisfaction/INO hidefumiで人気沸騰中の猪野秀史(INO hidefumi)さんが 東京で Live を行う。

その第一回目が昨年12月1日、福岡であった。
かつて猪野さんがスタッフだったとういうA.P.C福岡支店の10周年記念をかねて、With The Style Hotel Fukuokaで23時からの演奏だった。

その第二回目は大阪BlueNoteでのライブだった。
どちらの演奏ももちろん Satisfaction からのナンバー。
しかもドラムやベースは打ち込みではなく、生身のミュージシャンが担当。
めったに聴くことが出来ない、猪野さんのLiveが今度は東京・恵比寿であります!

日時:3月31日(土)
開場/開演:19:30/20:30
会場:東京・恵比寿LIQUID ROOM
料金:前売 4,000円/当日 5,000円(別途ドリンク代500円)
問合せ:LIQUIDROOM(03-5464-0800)
タワーレコード渋谷店、新宿店で、
2月10日よりライヴ・チケットの先行販売
一般発売は2月17日から
| Kenichi.Asano | 猪野秀史 | comments(0) | trackbacks(1) |
Fender Rhodes Electric Piano とは?
評価:
INO HIDEFUMI
インディペンデントレーベル
¥ 2,363
(2006-06-09)
Amazonおすすめ度:
ムーディな感じ
上手い!
BEST ALBAM OF THE YEAR

FenderRhodesってなに?
INO hidefumiが使っているフェンダー・ローズ・エレクトリック・ピアノとは一体どんなものなのか?
なんだか店頭でそんな名前のピアノだと書いたものを見たけど、はて?という方は多いだろうと思う。
今ではすっかりビンテージ物になってしまって、INOさんがよみがえらせなければ、おそらくすっかり忘れ去られてしまったに違いない。
それは今風に言えば、いわゆるKeyboardの一種であって、ポータブルな電気ピアノのことである。
外見はINOさんのファーストアルバムのジャケットのデザインになっているので、参考までにここに出しておく。

傑出した電気ピアノ
さて、このフェンダーローズ(略してフェンダーローズと呼ぶ)だが、もともとローズ社が開発した電気ピアノでそれをフェンダーが取り扱ったのでこのような名前になっている。
いわゆる最近の電子ピアノとこの電気ピアノはどこが違うのか?というと、もっとも大きな違いは音の発生方法であると思う。
いわゆる電子楽器は電気的な回路に発信器を組み込んで電子音を発生させ、それを用いている。だから、発信器が10個しかなければ同時に出せる音は10個までということになるし、その音の波形は電子的に作られるので、倍音などは合成しないかぎり発生しない。
しかし、このフェンダーローズは実に単純な仕掛けになっていて、蓋を開けると中に小さな鉄琴のようなものが入っていると考えてもらいたい。ようするにその小さな金属の板を鍵盤の先についたハンマーで叩いたときに発生した金属の振動をマイクで拾い上げているのだ。
もちろんここで言うマイクとは、空気の振動を拾うマイクではないのであって、金属の振動によってコイル内に発生する電流を増幅しているというシロモノだ。
俗にギターマイクとか呼ばれたりしているマイクが鍵盤の数だけついている。
従って、フェンダーローズは電源を必要としない、いわゆるパッシブ型の楽器なのだ。
そして、だから、ものすごく重たい。鉄の塊のような楽器だ。
でも、それだけのマイクが搭載されているので、同時に出せる音も鍵盤の数だけと制限はないし、金属の振動版固有の倍音も発生するため音色は豊かなものとなっている。

しかし、その電気的な性能は・・・
この楽器の電気的な性能はあまりよいものとはいえないのだが、そこがまた、この楽器の持ち味でもあるのだ。
ちょっと増幅器をオーバーロード気味にしてやるとたちまち音が割れてしまう。
そこが今までの楽器では得られないエフェクトとしてプレイヤーたちに歓迎されて、弱点のはずが強みとして利用されている。
70年代のJAZZでは、より不確定な音響を求めて、ワウやファズなどのエフェクターはもとより、リングモジュレーターなどを動員して、めちゃくちゃな予測の出来ないサウンドを生み出したりして実験的な演奏にも用いられた。(マイルスのLIVE=EVILなど参照せよ)

結論
総じて、この楽器の響きには振動版の持つ暖かな響きと鍵盤を叩いたときのキンというピークとが同居した不思議なものがあり、今日まで多くの聴衆を魅了している。
今でこそ、シンセサイザーや電子ピアノにその座を譲ってしまってはいるが、他に類を見ないその独特のサウンドは、これからも多くの人々の心に残ることだと思う。

お勧めのCDは?
最後に、このフェンダーローズを用いた演奏で、際立ってその特徴が生きていると思うものを少々セレクトしてみたので、よければ購入して実際にその効果をお聞きいただきたい。
Ken's Jazz Shop フェンダーローズ特集
| Kenichi.Asano | 猪野秀史 | comments(0) | trackbacks(1) |
猪野秀史 Stisfaction Live Tour in 大阪
人気沸騰中の猪野秀史(INO hidefumi)さんが Satisfaction/INO hidefumi の Live Tour を開始した。
まず、その第一回目が12月1日、福岡であった。
かつて猪野さんがスタッフだったとういうA.P.C福岡支店の10周年記念をかねて、With The Style Hotel Fukuokaで23時からの演奏だった。
この企画はフランスのファッションブランド A.P.C.を1987年に設立し、現在、パリで活動しているデザイナー、ジャン・トゥイトゥー氏によるもの。
さて、演奏はもちろん Satisfaction からのナンバー。
しかし!ドラムやベースは打ち込みではなく、生身のミュージシャンが担当。
そして、スペシャルゲストにギター&ボーカルの藤原ヒロシさんを迎えてのライブとなった。
猪野さんのフェンダーローズも熱く燃えた金曜の夜であった。

さて、そして、Tourの第2回目は、大阪である!
関西在住の皆さん!朗報ですよ!!
めったに聴くことが出来ない、猪野さんのLiveが大阪は梅田であります!
2007年1月20日(SAT)18:00と21:00の2回
場所は大阪ブルーノート
入場料は自由席6000円、カジュアル席4000円
猪野秀史 el-p、生方伸彦 ds、岡戸一朗 b、竹田欣弘 g
電話で予約受付中だ。
電話06-6342-7722
ぜひとも聴きに行こう!


PR
iTunesでダウンロード

INO hidefumi - Satisfaction


PR


| Kenichi.Asano | 猪野秀史 | comments(2) | trackbacks(0) |
<new | top | old>